子宮が痛む


  ↑↑↑
★こちらをクリック

生理中に食べたくなるチョコレート!
でも糖質ゼロなら…


子宮が痛む場合は要注意!

生理でもないのに子宮が痛いのは
何かの病気である可能性があります。

 

子宮が痛む場合は要注意!

 

考えられる病気は以下になります。

 

子宮筋腫

子宮筋腫は
40代女性の25%ほどの人が持っているもので、
ごく小さな腫瘍を含めると
ほとんどの女性が子宮筋腫を持っているようです。

 

子宮筋腫の腫瘍は良性で害はないので
通常は特に心配することはありません。

 

但し、大きくなると
以下のような症状が出てきます。

  • 月経量が増える
  • 月経にレバーのような血が混ざる
  • 便秘になる
  • 頻尿になる
  • 腰痛がひどくなる
  • 貧血になる
  • 妊娠しにくくなる
  • 流産しやすくなる

 

子宮内膜症

月経血が排出されず逆流することで
体内に留まり、溜まった血液が腫瘍になるというものです。

 

症状としては以下のものが挙げられます。

  • 月経量が増える
  • 月経以外の出血
  • 生理痛が酷くなる
  • 妊娠しにくくなる

子宮内膜症は治療が遅れると
チョコレート嚢腫がんの原因
にもなる可能性があるので
早期の治療が大事です。

 

子宮内付属器炎

子宮内付属器炎は
卵巣と卵管に炎症が起こるものです。

 

子宮の左や右が痛いという場合は
子宮内付属器炎の可能性があります。

 

原因は
分娩、人工授精、性交などによって
細菌が感染するためや
子宮内操作を行う医療行為、
子宮避妊リング、
チョコレート嚢腫

によるものだと考えられています。

 

症状としては以下のものが挙げられます。

  • 子宮の左右の痛み
  • 発熱
  • 気分が悪くなる
  • 吐き気、嘔吐
  • 妊娠しにくくなる

 

治療は薬で行います。
放置しておくと酷くなりますので
早いうちに婦人科で診てもらうことが大切です。

 

卵巣のう腫

卵巣に良性の腫瘍ができ、
それが大きくなると危険です。

 

卵巣のう腫になると必ず不妊になる
というわけではありませんが、
のう腫が卵管に癒着している場合は
不妊になる場合があります。

 

症状は初期段階では
ほとんど痛みもありませんが、
のう腫が肥大化すると

 

生理痛が酷くなったり、
生理以外でも腰痛や腹痛が起きたり
頻尿になったり
便秘になったりします。

 

卵巣のう腫は
自覚症状が出にくいものなので
定期的な健診を受けることが大事です。

 

 


商品紹介



もう薬に頼らなくて大丈夫!
  ↓↓↓
★生理前のイライラを和らげるハーブサプリメント





鉄分がプルーンの約37.5倍!
女性を悩ます鉄分不足を解消!
  ↓↓↓
★薬に頼らずに辛い生理を軽くする食品

 

 

>>トップページへ戻る<<