生理痛の原因


  ↑↑↑
★こちらをクリック

生理中に食べたくなるチョコレート!
でも糖質ゼロなら…


生理痛の主な4つの原因

生理痛が酷くて毎月憂鬱になる人
も少なく無いですね。

 

生理痛の主な原因は以下の4つになります。

 

プロスタグランジンの過剰な分泌

生理中には
「プロスタグランジン」
という物質が分泌されます。
これは子宮を収縮させ、
スムーズに子宮内膜が剥がれて出血させるものです。

 

ですが、過剰に出過ぎると
子宮の収縮が激しくなり痛みが出てきます。

 

また、痛みを強める作用もあるので
頭痛、肩コリ、腰痛、吐き気
の原因にもなります。

 

 

子宮の出口が狭い

若い女性や出産経験のない女性は
子宮の出口が狭いことで
経血がスムーズに出にくくなっているため
痛くなります。

 

30代以降になったり、出産すると
子宮の出口が広がることによって
生理痛が弱くなる人が多いようです。

 

冷え

体が冷えることで血行が悪くなります。
そうするとプロスタグランジンも骨盤内に留まりやすくなり、
痛みを増す事になります。

 

ストレス

ストレスが多いと
ホルモンや自律神経のバランスを崩します。
それに伴い、血行が悪くなったり、
体温調節の機能も低下させたりと
不快な症状を感じることが多くなります。

 

 

この中で、
日常的に気をつけることが出来るのは
冷え対策ストレスを解消する
ということですね。

 

生理痛が酷い人でも
意識して体を温めたりすることで
かなり改善することもあります。

 

温かい飲み物を飲んだり、
カイロを上手く利用するなどして
冷えには気をつけたいですね。

 

ストレスの解消法もいろいろとありますが、
毎日の生活の中で適度な運動を取り入れるのも
有効でしょう。

 

運動することは体も温まりますので
冷え対策にもなり、一石二鳥です。

 

生理痛の主な4つの原因

 


商品紹介



もう薬に頼らなくて大丈夫!
  ↓↓↓
★生理前のイライラを和らげるハーブサプリメント





鉄分がプルーンの約37.5倍!
女性を悩ます鉄分不足を解消!
  ↓↓↓
★薬に頼らずに辛い生理を軽くする食品

 

 

>>トップページへ戻る<<