生理 水っぽい血


  ↑↑↑
★こちらをクリック

生理中に食べたくなるチョコレート!
でも糖質ゼロなら…


生理の血(経血)の色の変化

女性の体はデリケートなものです。
ストレス、睡眠不足、
ダイエットによる栄養不足など
さまざまなことでホルモンバランスを崩したり体調に変化がでます。

 

そして、
生理の血(経血)は体の状態によって
茶色になったり水っぽくなったりすることがあります。

 

生理の時の血が水っぽいと
不安に思う人もいるでしょう。

 

生理の時の血(経血)が水っぽいの原因は
いくつか考えられます。

 

貧血

鉄分不足により貧血を起こしていると
生理が遅れたり、来なかったり、
血の量が少なかったりすることがあります。

 

 

目の下が白ければ
貧血の可能性があります。

 

ダイエットを意識し過ぎて
必要な栄養素が不足したりしてしまっているかもしれませんね。

 

いくらダイエット中であったとしても
鉄分を含むレバー、あさり、納豆
などは積極的に摂りたい食材です。

 

 

無排卵月経(無排卵性周期症)

無排卵月経は
月経はあっても排卵していない状態のことを言います。

 

無排卵月経(無排卵性周期症)の症状

症状としては月経周期が不規則
ということが挙げられます。

 

正常な月経の周期は
25日〜38日と言われていますが、
月に2回も生理がくるのであれば
無排卵月経の可能性が高いと言えます。

 

逆に生理が何ヶ月も来ない
ということもあり、
放っておくと
“無月経”となってしまうこともあります。

 

また、生理痛もあまりなく、
血の量が少なく水っぽい…
などといった症状もあります。

 

無排卵月経(無排卵性周期症)の原因

原因としては
ストレス、不規則な生活、過度なダイエットや運動などが挙げられます。

 

体が疲れていると
排卵するパワーがなくなり、
排卵しなければ
生理が来なかったり、
来たとしても血が薄かったりするというわけです。

 

最近、無理し過ぎていませんか…?
体を休めてあげる必要があるサインかもしれません。

 

 

無排卵月経(無排卵性周期症)を調べる方法

無排卵月経(無排卵性周期症)かを調べるには
婦人科で診察を受けるのが確実ですが、

 

“わざわざ婦人科に行くのも…”
とちょっとためらう人もいるのでは?

 

そんな場合は
自分で調べることもできます。

 

排卵検査薬を使う

排卵検査薬を使うことで
卵子が成長して排卵しているかがわかります。

 


  ↑↑↑
 クリックしてアマゾンで購入する

 

 

 

基礎体温をつける

基礎体温を数ヵ月記録して
正常ならグラフは低温期と高温期に分かれますが

 

低温期、高温期の区別がなく
平坦なグラフを描くようなら
生理が来ていても排卵していない
可能性が高いと言えます。

 


  ↑↑↑
 クリックしてアマゾンで購入する

 

 

不規則な生理周期だと必ず無排卵月経?

無排卵月経は排卵障害の一つで
ホルモンバランスの乱れ
が原因となることが多く
不妊の原因となりかねません。

 

不規則な周期が続いても
その後に自然な周期に戻るのであれば
心配はいりませんが

 

長い期間、
生理周期が不規則であるのなら
婦人科でホルモン検査を受けることをお勧めします。

 

 

 

 

着床出血

水っぽい経血が出るのは
妊娠した際の着床出血だと
そのような症状になることがあります。

 

つまり、
“生理の血が水っぽいのは妊娠のシグナル”
という場合もあるかもしれませんが、
これは起きる人の方が少ないものです。

 

ですから、
生理の血が水っぽいからといって
“妊娠したかも…”
と思い込んでしまう必要はないでしょう。

 

 

 

生理の血が水っぽいのは
特に大きな病気とかは関係ない
と思われますが、
無排卵月経などの疑いも否定はできませんので
状況が続くようでしたら
早めの検診をお勧めします。

 

 

【商品紹介】

あのダイエット商品に
“生理痛にもいいかもしれない”
という口コミあり!

 

“貼ってみると
ジワジワ温かくなり
脂肪が燃えている感じ。

 

生理痛のときにも良さそう。”
(23歳・女性)

 

“皮膚がかゆくなるようなこともなく
お腹が温かいので冷え性対策にもなりそう。”
(45歳・女性)

 

 

>>お腹を温めてダイエットと同時に生理痛ケア

 

 

鉄分不足と冷えは女性の体調を崩しやすい大きな原因

生理の血が水っぽいというのは
妊娠による着床出血でない限り、

 

大きな病気でなくとも
体調がすぐれていない状態
といえます。

 

そもそも女性が陥りやすい体調の崩れは
鉄分不足冷えが関係していることが多くあります。

 

女性は鉄分不足になりやすい

女性は生理のたびに
体外に血を排出するため
鉄分不足になりやすいといいます。

 

そして、鉄分不足になると
貧血になりやすくなってしまいます。

 

そんな不足しがちな鉄分を補うためには
レバー、あさり、納豆など
鉄分が豊富に含まれる食材を摂ることをお勧めします。

 

  

 

体の冷えは多くの弊害の元

女性の悩みとして
多くの人が抱えているのが
体の冷えです。

 

体が冷えることで
代謝が悪くなります。

 

代謝が悪くなるということは
“痩せにくく、太りやすくなる”
と言えるでしょう。

 

また、体が冷えることは
体の機能を衰えさせることにもつながり
重い生理痛にも関係しています。
冷えを改善する食材としては
生姜を使った料理などがあります。

 

 

こういったものも
積極的に摂るようにすることをお勧めします。

 

 

レバーとか、アサリとか、納豆とか…

 

それから生姜も…

 

毎日食べるのは大変だな…

 

確かに、こういった食材を
毎日食べるのって、
なかなか大変ですよね…

 

しかも、
もしダイエット中だったとしたら

 

“できるだけカロリーを抑えることと
必要な栄養素を摂ることとの
板挟み…”

 

なんてことになるかもしれませんね。

 

そういった場合は
サプリメントや健康食品を
上手く摂りいれてもいいでしょう。

 


商品紹介



もう薬に頼らなくて大丈夫!
  ↓↓↓
★生理前のイライラを和らげるハーブサプリメント





鉄分がプルーンの約37.5倍!
女性を悩ます鉄分不足を解消!
  ↓↓↓
★薬に頼らずに辛い生理を軽くする食品

 

 

そもそも、女性がホルモンバランスを崩す原因は…

身体の不調は心理状態とも関係していて
女性は男性とは違い
些細なことでも身体的に影響を受けてしまうこともあります。

 

若い女性、
特に経験も知識もあまりない処女だった場合は
彼氏との初めての性行為のあと
体に異変を感じると

 

“妊娠してしまったかも…”
“何かの病気かもしれない…”
と心配になることもあるでしょう。

 

初めてエッチ(性交)した後は、
人によっては膣の中に異常な感覚を感じたり、
鈍痛がするかもしれません。

 

そのようなことがずっと続くのであれば
医者に診てもらった方がいいかもしれません。

 

性行為の後、
そのようなトラブルが起きて
性嫌悪となってしまった…
という意見もあるようです。

 

また極端な場合だと
好きな人との関係がこじれただけで
生理がいきなり来たり、来なくなったり…
ということもあります。

 

そのような心の不安が
ホルモンバランスを崩す原因になったりすることもあります。

 

女性の体はそれほどデリケートなものであるといえます。

 

PMSはホルモンバランスの乱れも関係している

“生理の前にわけもなくイライラしてしまい、
せっかくのデートで喧嘩をしてしまった…”

 

 

なんていう人も少なくないのでは…

 

それは
“月経前症候群(PMS)”
というもので
ホルモンバランスの乱れが関係していたりします。

 

★生理前にイライラする症状とは?

 

 

 

 


商品紹介



もう薬に頼らなくて大丈夫!
  ↓↓↓
★生理前のイライラを和らげるハーブサプリメント





鉄分がプルーンの約37.5倍!
女性を悩ます鉄分不足を解消!
  ↓↓↓
★薬に頼らずに辛い生理を軽くする食品

 

 

>>トップページへ戻る<<