生理前 出血


  ↑↑↑
★こちらをクリック

生理中に食べたくなるチョコレート!
でも糖質ゼロなら…


生理前に出血するのってなんで?

 

生理がまだ始まっていないのに
出血があることがあります。

 

何かとデリケートな女性の体ですから
思わぬ症状が出ると心配になったりしますね。

 

生理前に出血するのってなんで?

 

排卵期出血

生理と生理のちょうど真ん中辺りの
排卵期に起きる出血は排卵期出血というものかもしれません。

 

排卵期に卵巣から分泌される
卵胞ホルモン(エストロゲン)
が減った場合、
子宮内膜から出血するというものです。

 

通常は少量の出血ですが、
ストレスなどが関係すると出血量が多くなることもあります。

 

 

着床出血

排卵された卵子が受精卵となり、子宮内膜に着床すると
着床出血が起きる場合があります。

 

時期としては
生理開始予定日の1週間前から生理予定日頃になります。
ただし、着床出血は起きない人の方が多いようです。

 

 

ホルモンバランスの乱れによる生理予定日前の出血

ストレス、疲労、年齢によって
ホルモンのバランスが崩れると
生理予定日数日前から出血することがあります。

 

生理前にはエストロゲン、プロゲステロン
といったホルモンが減少し、子宮内膜の一部が剥がれ落ちて生理となりますが、

 

ホルモンのバランスが乱れることで
それらのホルモンが通常よりも早めに減少し、
それにともない
子宮内膜も早めに剥がれるようになり、
生理開始前から少しずつ出血
することがあります。

 


商品紹介



もう薬に頼らなくて大丈夫!
  ↓↓↓
★生理前のイライラを和らげるハーブサプリメント





鉄分がプルーンの約37.5倍!
女性を悩ます鉄分不足を解消!
  ↓↓↓
★薬に頼らずに辛い生理を軽くする食品

 

 

>>トップページへ戻る<<